グッズを取り入れ腰痛改善

妊娠中に腰痛になったという話はあちこちで聞かれますがその原因はなんでしょうか。まず原因一つに妊婦さん独特の姿勢があげられます。妊娠中は急激な体系の変化により体の重心バランスを保つために腰をそらせる姿勢になりやすくこれが腰痛を引き起こしやすくします。また骨盤を広げ赤ちゃんを産道へスムーズに送り出すために妊娠初期からリラキシンというホルモンが分泌され骨盤の靭帯が緩みます。靭帯には関節を支える役割がありますがこれが緩むことで関節が不安定になり結果として腰痛が発生しやすくなったり腰回りの筋肉が緊張状態になるのです。

 

更に妊娠中は腰痛の大敵である運動不足になりやすい状態になります。このような複合的な原因により妊娠中に腰痛で悩んでいる人が大変多いことが事実です。さてここで腰痛を予防したり改善する優れた腰痛改善グッズがあることをご存知でしょうか。妊娠中の腰痛改善グッズとしてまず代表的なものは骨盤の緩みすぎや歪みを防いだり改善するベルトです。こういったベルトは妊娠中から産後まで使用でき腰痛を防ぐだけでなく骨盤の開きすぎによるスタイルの崩れを防いだり安産を促し更に子宮脱や頻尿を防いでくれます。

 

また他にはお腹を支え冷えも防ぐ妊婦帯や眠るときの姿勢を安定化させ産後は授乳枕にも使える抱き枕さらに腰痛を改善して血行不良を防ぐ入浴剤やゆたんぽなど様々な便利で優れた腰痛改善グッズがあります。こういった腰痛改善グッズは肌触りがよく見た目もかわいいものがあるので揺らぎやすい妊婦さんの心を明るく華やかにしてれるでしょう。このような優れた腰痛改善グッズを上手に取り入れながら、運動不足を防いだりオイルでマッサージしたりよく腰を温めて妊娠中に起こりやすい腰痛を防ぎより良いマタニティライフを送りましょう。

腰痛は体の危険信号です

妊娠すると日が経つにつれて、お腹はどんどん大きくなります。初めて経験する方はその膨らみ具合に驚愕するほどに大きくなります。一方、体はそのような状態に慣れていないため、無理に負荷がかかってしまいます。腰痛に悩む妊婦は珍しくはありません。どのような改善策があるかというと腰痛改善グッズやストレッチが有効です。そもそも妊娠中に発症する腰痛の原因は運動不足にあります。

 

腹筋や背筋の筋力低下と骨盤のゆがみを改善すれば腰痛はなくなるでしょう。そこで骨盤のゆがみを矯正する妊娠ベルトやガードルが腰痛改善グッズとして有名です。幅の広い布製のものはお腹の冷えも予防でき、丸洗い可能で常に清潔な状態を保てるのでお勧めです。ベルトタイプだけでなく、下着と一体化ショーツタイプの物もあるので好みで使い分けると良いでしょう。横になった状態で腰の痛みを感じる人のための腰痛改善グッズもあります。専用の抱き枕を使って横向けに寝ると痛みが緩和されます。

 

その他に効果的な方法としてマッサージがよく知られています。マッサージ用のボディオイルなどを使って痛みを和らげれば肉体的な負担をかなり減らせるでしょう。こういった腰痛改善グッズは便利で実際に効果がありますが、一番に注意することはやはり無理をし過ぎないことでしょう。我慢や辛抱も時には必要ですが痛い時には素直に体を休めることです。痛みは体の危険信号だということを忘れずに、出産まで乗り切りましょう。

おすすめの記事